中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 趣味と実益を兼ねた資格 > 森林インストラクター

森林インストラクターの資格とは?

森林インストラクターとは、森林や林業に関する深い知識を持ち、森林を利用する一般の人に対して、森林の案内や野外活動の指導などを行う専門家です。

森林との関わり方を見直し、森林でのレクリエーションを楽しみ、さらに林業を活性化したり、森林の有効利用を促進、発展することを目的としています。

自然保護が叫ばれている中で、「森林インストラクター認定資格」は、(社) 全国森林レクリエーション協会により、1991年に始まりましたが、平成17年度からは「環境教育等促進法」に基づき、「人材認定事業」として環境大臣並びに農林水産大臣の登録を受けて実施されています。

森林インストラクターは、資格試験に合格し、全国森林インストラクター協会に登録することにより、名乗る事ができます。
この森林インストラクターの資格は、定年後から勉強を始めて取得する人も増えています。

スポンサーリンク

森林インストラクターの試験について

[受験資格]
・20歳以上の者。
ただし、次のいずれかに該当する方は、試験の応募資格がありませんので、注意してください。

・成年被後見人又は被保佐人
・公務員で懲戒免職の処分を受け、その処分を受けた日から起算して2年を経過していない者
・禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わった日または執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過していない者
・森林インストラクター又は上級森林インストラクターの登録を取り消され、その取り消しの日から起算して2年を経過していない者
・破産者で復権を得ない者

[受験日]
・1次試験(筆記試験):9月下旬頃
・2次試験(実技・面接):11月下旬頃

[試験会場]
・1次試験(筆記試験):札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、高知、福岡
・2次試験(実技・面接):東京

[試験内容]
●1次試験(筆記試験)
・森林(1時間20分):森林の仕組み、樹木、森林の動植物、地質、土壌など。
・林業(1時間):山村と農林業、森林の効用、森林の施業、特用林産物など。
・森林内の野外活動(1時間20分):森林レクリエーション、キャンピング、ネイチャークラフトなど。
・安全及び教育(1時間):安全の知識、救急処置法、環境教育、自然保護など。

※1次試験は科目合格制で、合格した科目は5年間に行われる試験に限り免除されます。

●2次試験(実技)(面接)
一次試験の合格者を対象に行われます。
実技では、あらかじめ提示される素材の一つを使って、森林インストラクターとしての模擬演技を行います。

※「森林インストラクター養成講習」または協会が認定する国や地方公共団体等が実施する森林インストラクターに関する講習の修了者は、申請により実技試験が免除されます。
森林インストラクター養成講習の詳細については、全国森林レクリエーション協会のホームページ(http://www.shinrinreku.jp)でご確認ください。

[合格基準]
満点中、60%以上の正答率で合格となります。

[合格発表日]
・1次試験(筆記試験):11月上旬頃
・最終発表:12月中旬頃

[合格率]
20%前後

※森林インストラクターの登録有効期間は5年間となっています。
登録の更新をするためには、更新手数料を納付し、手続きをする必要があります。

[問い合わせ先]
(社) 全国森林レクリエーション協会
 URL http://www.shinrinreku.jp

スポンサーリンク

森林インストラクターの資格を生かすには?

森林インストラクターの仕事は、森林のガイドツアー、野外活動の指導、利用者の誘導、マナー指導などが主になります。
地方自治体、自然環境保護団体、アウトドアショップなどからの依頼が多く、森林インストラクター協会を通じて、仕事を任される事もあります。
しかし、収入はあまり多くはなく、ボランティアとして活動している方が多いようです。

趣味を楽しみながら自宅で副収入を目指すなら、「がくぶん」の通信講座がおすすめです。


↑ PAGE TOP