中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 趣味と実益を兼ねた資格 > 旅行地理検定

旅行地理検定の資格とは?

旅行地理検定とは、国内・海外の地理や観光地などの知識を豊富にし、旅を楽しく充実したものにする事を目的とした検定試験で、通称「地理検(チリケン)」と呼ばれて親しまれています。
受験者数は1995年にスタートしてから2019年6月時点で延べ24万人にもなり、人気の検定試験となっています。

旅行地理検定の資格取得は、趣味として旅行を楽しみたい方や、旅行・観光関連企業に勤めている方、国家資格の「旅行業務取扱管理者」や「通訳案内士」を目指す方の試験対策としてもおすすめです。

旅行地理検定試験は、日本旅行地理および世界旅行地理の2種類があり、それぞれ初級・中級・上級のランクがあります。
※以前は、1級~4級に分かれていましたが、2020年6月から検定名称及び、これまでの1級~4級が廃止され、初級・中級・上級として実施されることになりました。

受験方法は会場受験とインターネット受験があり、どちらかを選ぶことができます。

[各級の認定基準]
【日本旅行地理検定】
初級:日本国内の旅行地理に関する基本的な知識を習得している。
中級:日本国内の旅行地理に関する標準的な知識を習得している。
上級:日本国内の旅行地理に関する豊富な知識を習得している。

【世界旅行地理検定】
初級:世界の旅行地理に関する基本的な知識を習得している。
中級:世界の主要国・地域における旅行地理に関する標準的な知識を習得している。
上級:世界の旅行地理に関する豊富な知識を習得している。

スポンサーリンク

 

旅行地理検定の試験について

[受験資格]
年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく、誰でも受験できます。

[受験日]
 ・6月上旬
 ・12月上旬
 (インターネット受験は試験日の9:00~15:00。)

[試験会場]
・会場試験(上級~初級):札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
・インターネット試験(中級、初級):インターネットが接続できる場所

※インターネットによるオンライン受験に関する詳細は「旅行地理検定協会」のホームページにてご確認ください。
旅行地理検定協会
 URL https://www.chirikentei.jp/

[試験内容]
旅行地理検定は、「日本旅行地理検定」と、「世界旅行地理検定」の2種類があり、それぞれ初級・中級・上級があります。

【日本旅行地理検定】
日本全国の「自然景観」「都市」「温泉」「観光地・施設」「写真」等について出題されます。

【世界旅行地理検定】
海外の「自然景観」「国・都市」「世界遺産」「観光地・施設」「写真」等について出題されます。

[各級の試験内容]
【日本旅行地理検定】
●上級(100問/60分)
・日本国内の観光スポット(約1200箇所)
・日本国内の旅行地理に関する時事

●中級(100問/60分)
・『国内旅行地理ベーシック300+α』に掲載されている観光スポット
・日本国内の旅行地理に関する時事

●初級(80問/60分)
・『国内旅行地理ベーシック300+α』に掲載されている観光スポット

【世界旅行地理検定】
●上級(100問/60分)
・世界の観光スポット(約1200箇所)
・世界の旅行地理に関する時事

●中級(100問/60分)
・主要国・地域の観光スポット
・世界の旅行地理に関する時事

●初級(80問/60分)
・『海外旅行ベーシック400+α』に掲載されている観光スポット

[合格基準]
●初級…正答率70%以上(会場受験) 正答率75%以上(インターネット受験)
●中級…正答率70%以上(会場受験) 正答率75%以上(インターネット受験)
●上級…正答率75%以上(会場受験) 

[合格発表]
約1ヶ月後、受験者全員へ試験結果が郵送されます。

[問い合わせ先]
旅行地理検定協会
 URL https://www.chirikentei.jp/

スポンサーリンク

旅行地理検定の資格を生かすには?

旅行地理検定の資格は、旅行の好きな中高年の方にとっては、より充実した旅行を楽しむ事ができ、人生を豊かなものにしてくれます。

また、観光地でガイドをしたり、旅行関連の雑誌やパンフレットの作成などに、旅行地理検定の知識や資格を役立てる事ができます。

観光関連業界で働いている方にとっては、スキルアップにつながり、「旅行業務取扱管理者」や「通訳案内士」などの国家資格を取得する際の試験対策にもなります。

趣味を楽しみながら自宅で副収入を目指すなら、「がくぶん」の通信講座がおすすめです。


>>★在宅ワーク技能を習得しよう! >>> 通信教育95年のがくぶん



↑ PAGE TOP