中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 趣味と実益を兼ねた資格 > ネイリスト技能検定

ネイリスト技能検定の資格とは?

ネイリスト技能検定試験とは、「公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)」が主催する検定試験で、爪に関する正しい技術と知識(ネイルケアからカラーリング、つけ爪など)を基に、国際的に通用するネイリストの育成を目的としたものです。

ネイリストとは、爪の美容と健康の専門家で、ネイルケアやカラーリング、人工爪作り、爪に装飾を施すネイルアートやフットケアなどの活動を行い、ペディキュアリスト、ネイル・アーティストと呼ばれる事もあります。

ネイリスト技能検定は、1級~3級までありますが、特に1級は、アメリカ各州のライセンスと同等以上の知識・技能を有することになるので国際的にも評価の高い資格です。

スポンサーリンク

ネイリスト技能検定の試験について

[受験資格]
 ・1級:2級有資格者
 ・2級:3級有資格者
 ・3級:義務教育を修了した方であれば、誰でも受験できます。

[試験日程]
●1級
 ・4月中旬頃
 ・10月中旬頃

●2級
 ・4月中旬頃
 ・7月中旬頃
 ・10月中旬頃
 ・1月中旬頃

●3級
 ・4月下旬頃
 ・7月中旬頃
 ・10月下旬頃
 ・1月中旬頃

[受験地]
札幌、盛岡、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

[試験内容]
●3級
ネイリストとしての基本的な知識と、正しい技術を習得しているかどうかが問われます。
 ・事前審査(10分):テーブルセッティング&消毒管理、モデルの爪の状態
 ・実技(70分):ネイルケア、カラーリング、ネイルアートなど
 ・筆記(30分):マークシート方式

●2級
ネイルサロンなどで働く場合に通用する知識と技術が習得できているかどうかが問われます。
 ・事前審査(10分):テーブルセッティング&消毒管理、モデルの爪の状態
 ・実技(90分):ネイルケア、チップ&ラップ、ネイルアートなど
 ・筆記(35分):マークシート方式

●1級
トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識が問われます。
 ・事前審査(10分):テーブルセッティング&消毒管理、モデルの爪の状態、チップの状態
 ・実技(150分):ネイルエクステンション、ネイルアートなど
 ・筆記(40分):マークシート方式

[合格基準]
1級、2級、3級とも
 ・筆記:100点満点中、80点以上で合格となります。
 ・実技:50点満点中、38点以上で合格となります。

[合格発表]
受験日より約1ヶ月後

[合格率]
 ・1級:37%前後
 ・2級:36%~40%
 ・3級:80%前後

[問い合わせ先]
公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)
 URL http://www.nail-kentei.or.jp/

スポンサーリンク

ネイリスト技能検定の資格を生かすには?

2級以上を取得すれば、美容室やエステティックサロン、化粧品会社などで活躍する事ができます。
また、経験を積んで自宅でサロンなどを開く事もできます。

アロマ、ネイルなどの美容・癒し系資格に興味のある方は、こちらからスクール情報の案内資料を取り寄せることができます。


↑ PAGE TOP