中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 趣味と実益を兼ねた資格 > 毛糸編物技能検定

毛糸編物技能検定の資格とは?

毛糸編物技能検定は毛糸を使用した編物技術の向上と専門的な知識、編物指導者の養成を目的としてつくられた文部科学省後援の検定試験です。
公的な資格として履歴書に記入することも出来るので、編み物の好きな中高年の方は、ぜひチャレンジしてみてください。

毛糸編物技能検定は、「公益財団法人 日本編物検定協会」が主催していますが、5級から1級まであるので、編み物が初めての人でも取り組みやすくなっています。
1級を取得すれば、指導者としての知識と能力を認められたことになるため、編み物学校の講師になったり、編み物教室を開くなど、趣味と実益を兼ねることも可能です。

スポンサーリンク

毛糸編物技能検定の試験について

[受験資格]
学歴・年齢・性別・国籍に制限はなく誰でも受験できます。
また、どの級からでも受験できます。

[受験日]
9月の第3日曜日

[試験会場]
全国各地
※詳細は日本編物検定協会のホームページ(URL http://www.amiken.or.jp/)でご確認ください。

[試験内容]
試験は、筆記試験と実技試験が行われますが、筆記試験は、1級~5級とも次のような項目から出題されます。
・編物の歴史
・被服生活の計画
・着装の知識
・編機を使った編み方
・編物、デザインに必要な用語知識など

各級の試験内容は、次のようになっています。
●5級
毛糸編物の最も基礎的な技能と知識が問われます。
・筆記試験
・実技試験:初歩的な編み物の製作(棒針編・かぎ針編・アフガン編)

●4級
毛糸編物の基礎的な技能と知識が問われます。
・筆記試験
・実技試験:基本的な編み物の製作(棒針編・かぎ針編・アフガン編)

●3級
毛糸編物の専門的な技能と知識、及びそれを応用する能力が問われます。
・筆記試験
・実技試験:基本的な編み物の製作(棒針編・かぎ針編・アフガン編)

●2級
毛糸編物の専門的な技能と知識、及び指導者を補佐できる能力が問われます。
・筆記試験
・実技試験:やや高度な編み物の製作(棒針編・かぎ針編・アフガン編)

●1級
毛糸編物の高度な技能と知識、及び指導者としての能力が問われます。
・筆記試験
・実技試験:高度な編み物の製作(棒針編・かぎ針編・アフガン編)

[合格基準]
得点率70%以上で合格とされています。

[合格率]
●1級:60%前後
●2級:70%前後
●3級・4級・5級:80%前後

※試験の出題範囲をまとめたテキストが発行されており、日本編物検定協会のホームページより購入することができます。

[問い合わせ先]
公益財団法人 日本編物検定協会
 URL http://www.amiken.or.jp/

スポンサーリンク

毛糸編物技能検定の資格を生かすには?

毛糸編物技能検定の資格は、趣味として編み物の知識を深めたり、技能を向上させるために役立ち、自分や家族の編み物を製作したり、親しい人にプレゼントするなどの楽しみがあります。

また、オリジナル作品を製作して、ネットで公開したり、オークションで販売するなどの方法もあり、趣味から実益へとつなげることもできます。

アパレル関係での業務に生かせる可能性もありますが、1級取得者は、編物のスペシャリストとして、編物教室を開いたり、独立して手芸店を開業するなどの道もあります。

趣味を楽しみながら自宅で副収入を目指すなら、「がくぶん」の通信講座がおすすめです。


↑ PAGE TOP