中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 趣味と実益を兼ねた資格 > ハーブ検定

ハーブ検定の資格とは?

ハーブは、気分をリフレッシュしたり、健康維持や健康増進に役立てる事ができるため、最近、特に人気が高まっています。
そのような人気を背景にハーブ検定の資格を取得し、日々の生活に生かしたいという中高年の方も増えています。

ハーブ検定には、1級と2級がありますが、その両方に合格した後、協会のハーブセラピスト養成上級講座を受講し、ハーブセラピスト認定試験に合格すると「ハーブセラピスト」として認定されます。
ハーブ検定の勉強は、認定校での講座受講の他、通信講座や独学での自宅学習も可能です。

スポンサーリンク

ハーブ検定の試験について

[受験資格]
学歴・年齢・性別・国籍に制限はなく誰でも受験できます。
※1級および2級を同日に受験することもできます。
 また、何級からでも受験可能です。

[受験日]
年4回:1月・4月・7月・10月(原則として第3日曜日)

[試験会場]
 ・本会場:東京
 ・準会場:札幌、新潟、名古屋、大阪、広島、北九州

[試験内容]
●2級(選択式と記述式/60分)
 ・ハーブの定義
 ・ハーブの利用法
 ・ハーブの栽培法
 ・ベーシックハーブ10種類 

●1級(選択式と記述式/60分)
 ・ハーブの定義
 ・ハーブの利用法
 ・ハーブの栽培法
 ・ベーシックハーブ10種類+10種類
 ・ハーブの歴史
 ・ハーブテイーのブレンド
 ・ハーブと環境
 ・茶などのし好飲料とブレンド

[合格発表日]
試験後、1ヶ月以内

[合格率]
 ・1級:40%前後
 ・2級:70%前後

[問い合わせ先]
日本ハーブセラピスト協会・HP
 URL http://herbtherapist.jp/

スポンサーリンク

ハーブ検定の資格を生かすには?

ハーブに関する知識は、日頃の健康維持や、増進、病気の予防などに生かす事ができます。
ハーブ検定の1級・2級を取得し、ハーブセラピスト認定試験に合格すると、ハーブセラピストとして認定されますので、ハーブのショップを開いたり、ハーブティーサロンなどを開業する事もできます。
(日本ハーブセラピスト協会では、講座開講サポートやサロン開業サポートなども行っています。)

※ハーブ検定の資格がなければ、ハーブに関する仕事ができないわけではありませんが、資格を取得していることにより、信用度がアップします。

アロマ、ネイルなどの美容・癒し系資格に興味のある方は、こちらからスクール情報の案内資料を取り寄せることができます。


↑ PAGE TOP