中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 趣味と実益を兼ねた資格 > グリーンアドバイザー

グリーンアドバイザーの資格とは?

グリーンアドバイザーとは、花や植物の育て方や楽しみ方を提案したり、アドバイスしたりする専門家を言い、「花のお医者さん」とも呼ばれています。
最近では、ガーデニングを楽しむ方が増えており、園芸店や、ホームセンターの園芸コーナーでも、グリーンアドバイザーが活躍しています。

また、園芸教室や講習会などの講師として活躍する事もできるので、花や植物の好きな方や趣味でガーデニングなどを楽しんでいる中高年の方にとっては、魅力的な資格と言えます。

グリーンアドバイザーになるには、協会が実施する「グリーンアドバイザー認定講習」を受けて「認定試験」に合格し、協会に登録することが必要です。
講習は2日間にわたって行われ、2日目の最後に筆記試験が実施されます。

スポンサーリンク

グリーンアドバイザーの試験について

[受験資格]
協会が行うグリーンアドバイザー認定講習を受講した18歳以上の人で、以下の条件をどれか1つ満たす人。
 ・園芸関連業務の実務経験が1年以上ある人。
 ・園芸関係の学校を卒業した人、または卒業見込みの人。
 ・園芸に関する地域活動に従事し、知識向上を目指す人。

※受講資格該当者を先着順で受付けし、定員になり次第締切りとなりますので、希望する方は、早めの応募がおすすめです。

[受験日・試験会場]
講習・試験は、毎年8月下旬から9月上旬に、東京、大阪など複数の会場で実施されます。
(1人の方が同一年度に複数の会場で受講・受験することは出来ません)

[講習・試験内容]
日本家庭園芸普及協会が独自に作成した専用テキストに基づいて、2日間の講習が行われます。
内容は、植物に関する基礎知識、花・種子・球根・苗に関する基礎知識、播種・定植・交配の方法、用土・肥料の基礎知識、病害虫と薬品の基礎知識など、園芸に関する幅広い知識が網羅されています。

2日目の講習終了後、テキストの内容に沿った筆記試験が行われます。
試験は60分間で、○×式で40問、三者択一式で40問、合計80問出題されます。

[合格発表日]
9月下旬頃

[合格率]
70%~80%

[問い合わせ先]
(社)日本家庭園芸普及協会
 URL http://www.kateiengei.or.jp

スポンサーリンク

グリーンアドバイザーの資格を生かすには?

グリーンアドバイザーの試験合格後は、協会に登録をすることにより認定証が交付され、「グリーンアドバイザー」を名乗ることができます。(登録料が必要です。)
また、グリーンアドバイザーは、「5年更新制度」となっています。

グリーンアドバイザーは、非常に人気のある資格で、趣味を深めるために取得するのも良いですが、園芸店やフラワーショップ、種苗会社、ホームセンターの園芸コーナーなどへの就職に役立てる事ができます。

また、花卉栽培の自営業や、園芸教室の講師として独立する事も可能です。

趣味を楽しみながら自宅で副収入を目指すなら、「がくぶん」の通信講座がおすすめです。


↑ PAGE TOP