中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 独立・開業を目指す資格 > リゾート管理士

リゾート管理士の資格とは?

リゾート管理士とは、リゾート地や別荘地などで使用していない時の別荘や施設を定期的に見回り、清掃や補修、管理などを自営で行う専門家です。

40代~50代の中高年の方で、定年後の第二の人生は自然が豊富な田舎で暮らしたいという希望を持っている方におすすめの資格と言えます。田舎暮らしをしながらリゾート管理士として自営業を行い、収入を得ることができるからです。
しかしリゾート管理士の仕事は、地域により草刈やまき割り、廃棄物の収集や除雪などの体力を使う仕事もありますので、良く考慮しておく事も大切です。

リゾート管理士の資格は、リゾート管理士協会が行う養成講座(通信講座)を受講し、通信の筆記試験に合格することによって認定されるので、自宅にいながら取得する事ができます。また他に3日間程度の実務研修も実施されています。

[リゾート管理士の仕事内容]
リゾート管理士の仕事内容は、別荘、別荘地、リゾートマンション、各種リゾート施設、農山漁村地区において主に次のような事を行います。

●不使用期間中の別荘や別荘地、各種リゾート施設の定期的な見回りや管理、報告。
●それらの保守や防犯、防災、簡単な修理修繕など。
●使用期間中またはその前後の買い物代行や清掃、ゴミ処理。
●その他、別荘やリゾート施設の管理全般。

スポンサーリンク

リゾート管理士の試験について

[受験資格]
受講資格、受験資格ともに特に制限はありませんが、18歳未満の場合は親の承諾が必要です。

[試験実施日]
受講日、受験日・・・随時

[試験会場]
自宅

[リゾート管理士の受講内容及び試験内容]
リゾート管理士の資格を取得するには、リゾート管理士協会が実施する通信教育による養成講座を受講し、修了後、試験に合格する必要があります。
講習内容は ビデオ、DVDなどによる研修、実技指導、管理業務の受託マニュアルの把握などです。またこの他に3日程度の実務研修があります。
リゾート管理士の試験内容は次のようになっています。

・リゾート地、別荘管理の基礎知識(除草、伐採、建物補修他)
・別荘建物設備機器類の操作(水道、ガス、灯油、電気他)
・防犯、防災管理の基礎知識
・田舎不動産の特性
・農村社会の特殊性等の知識

[問い合わせ先]
リゾート管理士協会
 URL http://www.resort-kanri.com/

スポンサーリンク

リゾート管理士・独立への道

「リゾート管理士」の資格取得後はその名称を広告・看板または名刺などに使用できますので、現地で独立・自営業として開業します。

また、資格取得後は、リゾート管理士協会会員として登録されるので、会員ニュース、リゾート関連、就職情報などを無料で受け取ることができます。

[問い合わせ先]
リゾート管理士協会
 URL http://www.resort-kanri.com/

中高年からの資格取得を目指す方へ
【総合資格ナビ】からは、全国のさまざまな資格講座(通信・通学)の検索をしたり、無料の講座資料を一括で請求できます。

↑ PAGE TOP