中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 独立・開業を目指す資格 > 不動産鑑定士

不動産鑑定士の資格とは?

不動産鑑定士とは、土地や建物などの不動産を資料や実地調査を元に公平に鑑定し、評価額を決める専門家を指します。
鑑定評価の依頼を受けると、現地に赴き、道路状況や駅までの距離、周囲の施設など不動産の価格を決めるための色々な調査を行います。
また、法務局で公図を元に土地の位置や形を確認し、実地調査の結果と合わせて「不動産鑑定評価書」を作成するのが主な仕事です。

不動産鑑定士の資格取得後は、金融機関や不動産会社、建設・土木関連会社などに就職したり、独立して鑑定事務所を経営することができます。
独立とともに鑑定士登録を行えば、国や地方自治体からの鑑定依頼も来るため、定年後も続けて仕事をして行く事ができます。
報酬は一件の依頼につき、5万~100万とかなり幅があります。

[不動産鑑定士の仕事内容]
不動産鑑定士の仕事としては、次のようなものがあります。

●地価公示、地価調査、相続税標準地等の評価。
●賃料改定や相続等に伴う訴訟案件の評価。
●公共用地買収等に関する資産評価。
●破産、会社更生等に伴う資産評価。
●その他、不動産に関する各種コンサルティング。

スポンサーリンク

不動産鑑定士の試験について

[受験資格]
年齢や学歴に関係なく誰でも受験できます。

[試験実施日]
不動産鑑定士の試験は短答式試験と論文式試験があり、それぞれ次のような日程で行われます。
 ・短答式:5月の第二日曜日
 ・論文式:8月の第一日曜日を含む土・日・月曜日の連続する3日間

[受験地]
 ・短答式試験:札幌、宮城、東京、新潟、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄
 ・論文式試験:東京、大阪、福岡

[試験内容]
不動産鑑定士試験は平成18年に制度変更され、従来の1次~3次試験が廃止になるとともに、短答式試験と論文式試験の1回2段階選抜の試験になりました。

●短答式試験
5月に実施される短答式試験は、鑑定理論および行政法規の択一式で各2時間の試験時間です。
短答式試験の合格者のみが次の論文式試験を受験できます。

●論文式試験
8月に実施される論文式試験は、鑑定理論、民法、会計学、経済学の4科目から出題されます。
このうち民法、経済学、会計学は各2時間、鑑定理論は演習問題と大問4問が課され試験時間は合計で6時間です。

[合格率]
 ・短答式試験:25%~35%
 ・論文式試験:10%前後

[問い合わせ先]
公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会
 URL http://www.fudousan-kanteishi.or.jp/

国土交通省 不動産鑑定士試験
 URL http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_004466.html

スポンサーリンク

不動産鑑定士・独立への道

不動産鑑定士として独立・開業するためには、次のような手順を踏みます。

●実務修習を受ける
不動産鑑定士の試験に合格後、毎年12月1日から翌年の11月30日までの1年間実施される実務修習を受けます。
実務修習は講義、基本演習、実地演習の3単元で構成されています。これを修得すれば修得年を含む3年間は再受習が免除されます。

・講義
前期、後期、各5日ずつの日程で講義を受けます。ここで一般的基礎知識、種別・類型別鑑定評価、手法適用上の技術的知識等の知識を身につけます。

・基本演習
初級、中級、上級、各3日ずつの日程で、具体的に実査、評価、鑑定表報告書の作成等を行います。

・実地演習
指導鑑定士の指導を受けながら、実際に鑑定評価報告書の作成を行います。12月から翌年の10月末までに22件の類型をこなす事になっています。

・修了考査
上記の3単元全てを修得した後、修了考査を受けることが出来ます。
修了考査の内容は「小論文」と「実地演習の事案に対する口頭試問」です。

※実務修習の詳細は、日本不動産鑑定士協会連合会のホームページ(http://www.fudousan-kanteishi.or.jp/)でご確認ください。

●不動産鑑定士登録
上記の修了考査を終了後、国の確認手続を経て晴れて不動産鑑定士として登録することができます。
なお、不動産鑑定業として業務を行う場合は、5年間の有効期限が満了する30日前までに更新手続きが必要となります。

[問い合わせ先]
公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会
 URL http://www.fudousan-kanteishi.or.jp/

中高年からの資格取得を目指す方へ
【総合資格ナビ】からは、全国のさまざまな資格講座(通信・通学)の検索をしたり、無料の講座資料を一括で請求できます。

↑ PAGE TOP