中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 再就職のための資格 > フォークリフト運転者

フォークリフト運転者の資格とは?

フォークリフト運転者の資格とは、最大荷重1トン以上のフォークリフトを運転する技能者を認定する国家資格です。
フォークリフト運転者の資格取得者は、一般工場の他、運送会社や倉庫会社で活躍することができ、年間を通して求人募集も行われています。

特に製造関連の工場では必ずと言っていいほどフォークリフトが使われているため、中高年からの転職、再就職の際には、役立つ資格となる可能性があります。会社により、資格手当てや技能手当ての対象となる事もあります。

また、フォークリフト運転者の資格は、一度取得しておけば定年後に契約社員やアルバイトとして働く時にも活用できます。従来は、フォークリフト運転者の資格取得者は男性が多かったのですが、最近は女性の取得者も増えてきています。

※フォークリフトで一般の道路を走る場合は、フォークリフトの免許とは別に大型特殊免許が必要になりますので、注意してください。

スポンサーリンク

フォークリフト運転者の資格取得法

フォークリフト運転者の資格は、「フォークリフト技能講習」を受けると発行される「フォークリフト運転技能講習修了証」を取得する事により、資格を得たことになります。正確には「免許」ではなく「修了証」ですが、一般的にこれを「免許」と呼んでいます。

フォークリフトの技能講習は、国が認めた登録教習機関によって行われていますが、各地の労働基準局、自動車教習所やコマツなどの民間企業でも行っています。

[受講資格]
18歳以上であれば誰でも受講可能です。

[受講日数]
「フォークリフト運転技能講習」は、受講時にすでに取得している免許によって、受講時間、日数が異なってきます。

●主な受講日数
 ・無資格の場合:5日程度
 ・普通自動車の免許取得者:4~5日程度
 ・大型特殊免許取得者:2日程度。

[講習内容]
「フォークリフト運転技能講習」には、学科、実技ともそれぞれ修了試験があり、両方に合格した者に修了証が交付される事になっています。

●学科講習
 ・フォークリフトの走行に関する装置及び取扱いに関する知識(4時間以上)
 ・フォークリフトの荷役に関する装置の構造及び取扱い方法に関する知識(4時間以上)
 ・フォークリフトの運転知識(2時間以上)
 ・関係法令(1時間以上)

●実技講習
 ・フォークリフトの走行の操作(20時間以上)
 ・フォークリフトの荷役の操作(4時間以上)

※普通免許以上の所有者や3ヶ月以上のフォークリフト運転経験者は一部免除されます。

[受講場所]
教習機関により異なります。 詳細は各教習機関にお問い合わせください。

[受講料]
15,000円~50,000円程度
※科目免除や各指定教習機関により異なります。詳細は、各教習機関にお問い合わせください。

[受講日程]
教習機関により異なります。
詳細は各教習機関にお問い合わせください。

[合格率]
95%以上。
講習をきちんと受講すれば、ほとんどの人が取得可能です。
「フォークリフト運転技能講習」は試験に落とすことが目的ではなく、あくまでも安全な運転・操作の習得に主眼をおいています。

[問い合わせ先]
各都道府県労働局安全課
労働基準監督署
各都道府県の労働基準協会
指定教習機関

[ホームページ]
公益社団法人 東京労働基準協会連合会
 URL http://www.toukiren.or.jp/

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP