中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 再就職のための資格 > CAD利用技術者

CAD(キャド)の資格とは?

CAD(キャド)とは、Computer Aided Design(コンピュータ・エイディッド・デザイン)の略で、「コンピュータを使ったデザイン」という意味です。
CADソフトを使って設計、製図を行う技術者をCADオペレーターと言いますが、特にCADの資格を持っていなくても、CADオペレーターになる事はできます。

しかし、転職や再就職を目指す中高年の方は、「一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)」が認める民間資格である「CAD利用技術者」の資格を持っていると大変有利になります。

CADは、建築業界を初め、機械、土木、電気、自動車、ファッション、インテリアなどさまざまな分野で使用されていますが、高収入が見込めるものの、まだまだ技術者が少なく人手不足の状況が続いているからです。

[CAD利用技術者の勤務先]
CAD利用技術者の資格を取得すると、次のような業界に転職、再就職できる可能性が高くなります。

●2次元CAD利用技術者
建築関連設計事務所、機械設計事務所、ハウスメーカー、土木設計事務所、ファッション、インテリア関連企業など。

●3次元CAD利用技術者
自動車や機械メーカーの設計、建築、機械関連設計事務所、CAD関連スクールのインストラクターなど。

スポンサーリンク

CAD利用技術者の試験について

[受験資格]
2次元CAD利用技術者の試験には「基礎」「 2級」「1級」の3種類、3次元CAD利用技術者試験は「2級」「準1級」「1級」の3種類があり、それぞれの受験資格は次のようになっています。

●2次元CAD利用技術者試験
・2級、基礎:誰でも受験できます。
・1級:2級の合格者および、過去の1級合格者

●3次元CAD利用技術者試験
・2級:誰でも受験できます。
・1級、準1級:2級合格者

[受験日程]
●2次元CAD利用技術者試験
・1級:前期/6月中旬頃 後期/11月中旬頃
・2級:申込手続完了次第随時
・基礎:4月上旬~3月下旬頃まで

●3次元CAD利用技術者試験
・前期/7月中旬頃 後期/12月中旬頃

[受験地]
全国主要都市

[試験内容]
●2次元CAD利用技術者試験
・1級:筆記・実技(80分)
・2級:多肢選択方式(60分)
・基礎試験:IBT/50問(50分)・・・(インターネットに接続した状態で行います。)

●3次元CAD利用技術者試験
・1級:実技(120分)
・準1級:実技(120分)
・2級:筆記(60分)

[問い合わせ先]
一般社団法人 コンピュータ教育振興協会
URL http://www.acsp.jp/cad/

資格取得後は、より良い転職先を見つけるために転職支援サービスを利用してみましょう。
【DODA】は、有資格者や管理職経験者、ホワイトカラー層の求人情報などを数多く取り扱っている無料転職支援サービスです。
登録することにより、圧倒的に多い非公開求人の紹介を得られるほか、再就職に向けてさまざまな支援が受けられます。


↑ PAGE TOP