中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 再就職のための資格 > ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格とは?

ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)とは、略して(FP)と呼ばれますが、2002年より国家資格になり、最近メディアでも紹介され注目されている資格です。

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は、顧客の将来の夢・目標を達成するための、生活設計の提案をするもので、日本FP協会によると「生活設計のアドバイザー」と定義さています。

具体的には、顧客の収入・貯蓄・金融資産・税金・社会保障・相続などに関して、長期的な視野から情報収集および分析を行い、顧客のニーズに合った貯蓄や投資などのプランを立て、その実施のための助言や提案をして行くというものです。

ファイナンシャルプランナーは、特に中高年世代にも人気の資格となっています。資格取得後は転職や再就職にも生かせる他、自分の生活設計を立てるためにも役立つからです。

[ファイナンシャルプランナーの資格を生かせる職種は?]
銀行や証券会社、保険会社、金融関係の企業への転職・再就職を目指すなら、ファイナンシャルプランナーの資格は大きな武器になります。さまざまな知識を身に着けているため、顧客への信頼度がアップするからです。
また、人脈が豊富な方は独立して事務所を開業する事もできます。

[ファイナンシャルプランナー資格の種類]
ファイナンシャルプランナー(FP)の資格には国家資格である「FP技能士」と民間資格の「CFP資格」、「AFP資格」の3種類があります。

国家検定試験である「FP技能検定」に合格した場合に「FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士」の称号が与えられます。「FP技能士」には1~3級のレベル分けがあります。
「FP技能検定」の実施団体は、「社団法人 金融財政事情研究会」と「NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会」の2つがあります。

また、世界標準資格の「CFP資格」とその基礎となる「AFP資格」は、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会によって認定される民間資格となっています。

転職・再就職に生かすには、最初は3級FP技能検定試験を目指すのが、一般的です。
次に2級FP技能検定試験、1級FP技能検定試験とスキルアップしていくのが効率的です。

また、通信講座を利用して資格試験の勉強をする場合は、FP3級試験に合格していなくてもFP2級技能検定を受検できるものがあり、より効率的に資格を取得する事ができます。

スポンサーリンク

FP技能検定試験について

国家検定試験である「FP技能検定」は、1級、2級、3級とも学科試験と実技試験が行われます。実技試験は選択科目方式になっており、受検申請の際に試験科目を選択します。

[受験資格]
●3級
誰でも受験できます。

●2級
・3級技能検定の合格者
・FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

●1級
(学科)
・実務経験5年以上の者
・2級合格後、実務経験1年以上の者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者

(実技)
・1級学科試験の合格者
・「FP養成コース」修了者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
・日本FP協会のCFP認定者
・日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者

[試験日程]
●1級学科・2級・3級
・5月下旬頃
・9月上旬頃
・1月下旬頃

●1級実技
・6月上旬~中旬頃
・2月上旬~中旬頃

[受験地]
全国各地

[試験内容]
●3級
・学科:三答択一式(60問/120分)
・実技:三答択一式(20問/60分)

●2級
・学科:マークシート(60問/120分)
・実技:記述式(40問/90分)

●1級
・学科:四答択一(50問)、記述式(5題/120分)
・実技:口頭試問、資産相談業務

※FP技能検定試験では、学科・実技の合否判定は個別に行われます。いずれか一方に合格している場合、次回の試験では免除される場合があります。

[問い合わせ先]
●一般社団法人 金融財政事情研究会検定センター
 URL http://www.kinzai.or.jp/fp

●NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
 URL https://www.jafp.or.jp/

[おすすめの通信講座]


↑ PAGE TOP