中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 介護・福祉関連の資格 > 介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格とは?

介護支援専門員とは、通称ケアマネジャー(略称ケアマネ)と呼ばれていますが、介護保険法第7条第5項で定義された業務を行う国家資格です。
介護保険制度の中心的な役割を担っており、この資格を得るにはかなり厳しい条件をクリアしなければなりません。

また、介護支援専門員には、人権尊重、主体性の尊重、公平性、中立性、社会的責任、守秘義務といった人間としての基本倫理も求められます。

中高年世代の方が介護支援専門員の資格を得るには、実務経験を積みながらじっくりと腰を据えて取り組む必要がありますが、それだけにやりがいのある仕事と言えます。

[介護支援専門員(ケアマネージャー)の仕事内容]
介護支援専門員の資格取得者は、介護保険利用者の中で要支援・要介護と認定された人に対して、介護支援計画(ケアプラン)を作成し、それに基づく各種介護サービスを実施します。また、介護全般に関する相談や援助、介護保険の給付管理等も行います。

[介護支援専門員(ケアマネージャー)の勤務先は?]
介護支援専門員の資格取得者の主な勤務先は、居宅介護支援事業所や地域包括支援センター、地方自治体や民間業者の介護サービス施設、特別養護老人ホーム、介護老人福祉施設等です。

スポンサーリンク

介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格試験について

試験は各都道府県が実施しているので、お住まいの都道府県の実施団体に受験申し込みを行います。

[介護支援専門員の受験資格]
介護師、介護福祉士など、保険・医療・福祉分野における指定の資格を持ち、5年以上かつ実働900日以上の実務経験を有する方。
または、相談援助業務や介護業務に就いており、一定期間(通算5年または10年以上)の実務経験がある方。

※介護支援専門員の試験は、受験申込時に送付した書類による審査を通過しなければ、受験することができません。
さらに、介護支援専門員の資格を取得するには、試験合格後、各都道府県で実施される実務研修を受ける必要があります。

[試験内容]
ほとんどの都道府県がマークシート方式で、5肢択複式となっています。
内容は、介護保険制度に関する基礎的知識、要介護認定及び要支援認定に関する基礎的知識及び技能、居宅サービス計画や施設サービス計画に関する基礎的知識、保健医療サービス、福祉サービスに関する基礎的知識などです。

[試験日程]
・受付期間:6月上旬から7月上旬
・筆記試験:10月
・合格発表:12月
(※各都道府県により異なります)

[受験費用]
7000円から9000円
(※各都道府県により異なります)

[問合せ先]
都道府県別担当課一覧(公益財団法人社会福祉振興・試験センター)
 URL   http://www.sssc.or.jp/shien/

【シカトル】は、介護・福祉・医療に特化した資格情報サイトです。
ケアマネージャーのほかにも、複数のスクール(通学・通信)の講座案内を無料で一括資料請求することができます。

↑ PAGE TOP