中高年からの資格取得ナビ

ホーム > 介護・福祉関連の資格 > 介護福祉士

介護福祉士の資格とは?

「介護福祉士」は、昭和62年に誕生した社会福祉に関する国家資格です。
介護福祉士の主な仕事は身体的、精神的に障害があり、日常生活を営むのに支障のある方に対して自立した生活がおくれるよう、支援する事です。

[介護福祉士の勤務先は?]
介護福祉士の資格を取得した場合、勤務先は老人ホームや介護老人保健施設、グループホーム、養護施設、デイサービス、医療機関、介護関連サービス事業者、身体障害者療護施設、身体障害者福祉ホーム、障害者更生施設などです。
また、介護を必要とする人の自宅へ赴き、さまざまな身体介護や生活援助などの訪問介護サービスを行うこともあります。

現在、資格取得者の8割は女性ですが、男性の介護福祉士も増えてきています。
介護福祉士は、経験を積み、介護関連サービス提供者の責任者になったり、管理職になる事も可能です。

スポンサーリンク

介護福祉士の試験について

[介護福祉士の受験資格]
介護福祉士の受験資格は、次の6ルートがあります。

①3年以上介護等の業務に従事した方で、実務者研修を修了した方
②3年以上介護等の業務に従事した方で、介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修の両方を修了した方
③高等学校又は中等教育学校において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方
④特例高等学校において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、9ヶ月以上介護等の業務に従事した方
⑤EPA(経済連携協定)介護福祉士候補者として来日し、3年以上介護等の業務に従事した方
⑥文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定した学校または都道府県知事の指定した養成施設において、介護福祉士として必要な知識と技能を修めて卒業した方

※2016年度試験(2017年1月実施)から、「3年以上の実務経験」に加え「実務者研修の修了」が受験資格として義務付けられました。
そのため、実務経験ルートで受験する方は筆記試験のみとなります。

[介護福祉士の試験内容]
●筆記試験
マークシート形式で、以下の内容から125問出題されます。
・人間の尊厳と自立、介護の基本
・人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
・社会の理解
・生活支援技術
・介護過程
・発達と老化の理解
・認知症の理解
・障害の理解
・こころとからだのしくみ
・医療的ケア
・総合問題

※第二次試験(実技試験)は、第29回(2017年1月)の試験より、実務経験ルートで受験する場合には行われません。
福祉系高校卒ルート、経済連携協定(EPA)ルートの方のみ実施されます。

[介護福祉士の合格率]
介護福祉士国家試験の合格率は、40%以上で推移しています。
受験者の約半数が合格できるレベルです。

[受験日程]
受付期間・・・8月~9月
筆記試験・・・年1回 例年1月頃

[試験地]
筆記試験(全国34ヶ所)
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

実技試験(次の8ヶ所)
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県

[問合せ先]
(財)社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6
 URL  http://www.sssc.or.jp/

【シカトル】は、介護・福祉・医療に特化した資格情報サイトです。
複数のスクール(通学・通信)の講座案内を無料で一括資料請求することができます。

↑ PAGE TOP