中高年からの資格取得ナビ

ホーム > スキルアップに役立つ資格 > TOEIC

TOEICの資格とは?

TOEIC(トーイック)とは「Test of English for International Communication 」の略で、英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。

TOEICテストは、現在世界約150ヶ国で実施されていますが、米国の非営利のテスト開発機関である Educational Testing Service(ETS)が開発、制作しています。
日本でのTOEICテストは、(財)国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会が行っています。

TOEICテストは、英文のみで構成されており、ListeningやReading、SpeakingやWritingなどの英語によるコミュニケーション能力を総合的に評価できるように設計されています。

また、「TOEIC Listening & Reading」テストの結果は、合否ではなく、10点から990点までのスコアで評価されます。このスコアの基準は常に一定に保たれてるので、受験者の能力に変化がない限りスコアも一定に保たれています。
そのため、受験者は英語の能力を正確に把握し、目標とするスコアを設定する事もできるのがこのテストの大きな特徴です。

現在では、TOEICテストは、さまざまな企業、学校、団体などで、幅広く活用されており、特に企業では、社員の能力判定や昇進時にTOEICのスコアを考慮するところも増えてきています。
英語力をアップさせたい中高年の方は、現在の仕事のキャリアアップのためにも、是非トライしてみてください。

[TOEICテストの活用状況]
TOEICテストは、次のような場面で活用されています。

・企業における自己啓発
・新入社員の英語能力測定
・昇進・昇格の要件
・海外出張や駐在の基準

TOEICテストのスコアレベル

TOEIC Listening & Readingのテスト結果は、10点~990点まで5点刻みのスコアで判定されます。 10点が最低スコア、990点が最高スコアとなり、次のようなレベルになっています。

●TOEICスコア10~395点
相手にゆっくり話してもらうか、繰り返し言ってもらうかすれば、簡単な日常会話は理解できるものの、ビジネスでの意思疎通は難しいレベルです。

●TOEICスコア400~495点
街中にある標識や看板を見て、何の店か、どんなサービスを提供する店かを理解することができるレベルです。相手がゆっくり話してくれれば、最低限のコミュニケーションをとることは可能です。

●TOEICスコア500~595点
飛行機やバス、電車の時刻表を見て理解することができるレベルです。短く簡単な文章による会話なら相手との意思疎通が可能ですが、ビジネス上の複雑な会話は難しいと言えます。

●TOEICスコア600~695点
自分宛ての簡単な仕事上のメモであれば理解することができるレベルです。海外旅行先では、自分で道を尋ねたり、買い物をしたり、レストランでオーダーすることもできます。

●TOEICスコア700~795点
会議の案内や通達、社内文書などを読んで理解したり、自分の仕事に関わる日常業務のやり方についての説明を理解できるレベルです。ビジネスに英語を活かすなら、まずはTOEICスコア700点を目指しましょう。

●TOEICスコア800~895点
ネット上の英語のサイトから必要な情報・資料などを探して収集でき、職場で発生したトラブルについての議論も理解できるレベルです。本格的に英語を活用したビジネスも可能です。

●TOEICスコア900~990点
日常会話での不自由はまったくなく、自分の専門分野での高度な専門書を読解することもできるレベルです。仕事上の複雑な議論も可能で、国際的な舞台で活躍することもできます。

スポンサーリンク

TOEICの試験について

[受験資格]
学歴・年齢・性別・国籍に制限はなく誰でも受験できます。

[試験日程]
1月・3月・5月・6月・7月・9月・10月・11月・12月

[受験地]
 ・全国主要45都市
 ・世界50カ国

[試験内容]
TOEIC Listening & Readingテストは英文のみで構成されており、120分間で200問の設問に答えるマークシート形式のテストになっています。
問題だけでなく、放送の指示や解答方法の説明まで、すべて英語で行われます。

テストの内容は、リスニング・セクション(聞き取り:100問/45分)と、リーディング・セクション(読解:100問/75分)の合計2時間で、ビジネスや社会生活などを題材にしたものが出題されます。

●リスニングセクション(100問/45分)
 ・Part1:写真描写問題(10問)
 ・Part2:応答問題(30問)
 ・Part3:会話問題(30問)
 ・Part4:説明文問題(30問)

●リーディングセクション(100問/75分)
 ・Part5:短文穴埋め問題(40問)
 ・Part6:長文穴埋め問題(12問)
 ・Part7:読解問題(48問)

※リスニングセクションの終了と同時に、リーディングセクションの試験が開始されます。
また、テストの結果は合格・不合格ではなく、スコア(得点) で示されます。

[平均スコア]
 ・リスニングセクション:320点前後
 ・リーディングセクション:260点前後
 ・トータル:580点前後

[合格発表日]
試験日から、30日以内。

[問い合わせ先]
(財)国際ビジネスコミュニケーション協会 
 URL http://www.toeic.or.jp/iibc.html

中高年からの資格取得を目指す方へ
【総合資格ナビ】からは、全国のさまざまな資格講座(通信・通学)の検索をしたり、無料の講座資料を一括で請求できます。

↑ PAGE TOP