中高年からの資格取得ナビ

ホーム > スキルアップに役立つ資格 > ビジネスキーボード認定試験

ビジネスキーボード認定試験とは?

ビジネスキーボード認定試験とは、日本商工会議所が実施するパソコンを使用したタッチタイピング(ブラインドタッチ)の速さと正確さを問う試験です。
日本商工会議所はキーボード操作技能認定制度の初級として「キータッチ2000」テストを、また中・上級レベルとして、この「ビジネスキーボード認定試験」を位置づけています。

試験は、会場に用意されたパソコンの画面に表示された文字をキーボードで入力して行くという方法で行われますが、正しく入力した文字数によって「日本語」「英語」「数値」の科目別に正確に何文字入力できるかによりS・A・B・C・Dの5段階で技能を評価されます。

この「ビジネスキーボード認定試験」は、年齢・性別などに関係なく誰でも受験できるので、パソコンを使用した仕事をしている中高年の方は、スキルアップのために是非チャレンジしてみてください。

[ビジネスキーボード認定試験を仕事に生かすには?]
ビジネスキーボード認定試験の資格は、パソコンを使用した事務関連の仕事に生かす事ができます。現代では、タッチタイピングはできて当たり前という風潮がありますが、企業により収入アップの可能性もあります。

スポンサーリンク

ビジネスキーボード認定試験について

[受験資格]
学歴・年齢・性別・国籍に制限はなく誰でも受験できます。

[試験実施日・試験会場]
受験希望地のネット試験会場にご確認ください。

商工会議所ネット試験施行機関リスト
 URL https://www.kentei.ne.jp/organization

[試験内容]
試験は、パソコンを使用して行われ、制限時間内にディスプレイに表示された同じ文字や文章をキーボードで入力して行くという方法で行われます。
内容は、日本語・英語・数値の3科目があり、単語や短文、ことわざ、日付、アドレス、郵便番号など、実務に則したものが出題されます。
採点は行単位で行われ、行内で1文字でも間違いがあった場合は、その行の入力文字数は0となるため、注意が必要です。試験結果は終了後すぐにわかるようになっていますが、合格・不合格ではなく、S・A・B・C・Dの五段階評価となります。

●日本語(900字/10分)
 ・短文
 ・単語(漢字)、単語(カタカナ)
 ・ことわざ
 ・四字熟語など

●英語(3000字/10分)
 ・短文(1行、複数行)
 ・単語
 ・熟語
 ・アドレスなど

●数値(1200字/5分)
 ・数字
 ・郵便番号
 ・日付
 ・漢数字→算用数字、記号付数字

[入力文字数による5段階評価]
●日本語
 ・S:900文字
 ・A:899~800字
 ・B:799~600字
 ・C:599~400字
 ・D:399~0字

●英語
 ・S:3000文字
 ・A:2999~2500字
 ・B:2499~2000字
 ・C:1999~1500字
 ・D:1499~0字

●数値
 ・S:1200文字
 ・A:1199~1000字
 ・B:999~800字
 ・C:799~600字
 ・D:599~0字

※「ビジネスキーボード認定試験」をビジネスに活かすには、C評価以上が目安とされています。
後日、受験者全員に「技能認定証明書(カード)」が交付されますが、日本語、英語、数値の3科目全てについてS評価を取得した方には、申請に基づき「ビジネスキーボードマスター認定証」が交付されます。

[問い合わせ先]
商工会議所の検定試験・HP
 URL http://www.kentei.ne.jp

中高年からの資格取得を目指す方へ
【総合資格ナビ】からは、全国のさまざまな資格講座(通信・通学)の検索をしたり、無料の講座資料を一括で請求できます。

↑ PAGE TOP