中高年からの資格取得ナビ

ホーム > スキルアップに役立つ資格 > 旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者の資格とは?

旅行業界にお勤めの中高年の方に是非取得して欲しいのが、この「旅行業務取扱管理者」の国家資格です
。 旅行業法の規定では、「営業所ごとに旅行業務取扱管理者を選任して旅行の取引条件の説明などの業務の管理・監督を行わせなければならない」とされています。
法律上は1営業所につき、1名以上選任する必要があることになっていますが、従業員10名以上の営業所の場合は、2名以上選任するよう国土交通省の指導がされています。

旅行業務取扱管理者になるには、経営者や所長などの役職者である必要はありませんが、国家試験に合格し所属会社から管理者として選任される必要があります。
また、旅行業務取扱管理者の資格には、国内旅行業務のみを取り扱うことができる「国内旅行業務取扱管理者」と、海外及び国内の旅行業務を取り扱うことができる「総合旅行業務取扱管理者」の2種類があります。

旅行業務取扱管理者の業務は?

法令で定められている旅行業務取扱管理者の業務として、次のような事を行います。

 ・企画旅行の旅行計画を作成する
 ・料金表を掲示する
 ・お客様に旅行プランの内容を説明し、契約を交わす
 ・旅行プランに沿って宿泊施設や乗り物の予約、手配などを行う
 ・旅行に関する広告が適正かどうかをチェックする
 ・お客様から旅行に関する苦情が出た場合に的確な対応をする
 ・契約内容に係る重要な記録や関係書類を保管する

スポンサーリンク

旅行業務取扱管理者の試験について

[受験資格]
学歴・年齢・性別・国籍に制限はなく誰でも受験できます。

[試験実施日]
●国内旅行業務取扱管理者試験:9月上旬
●総合旅行業務取扱管理者試験:10月上旬~中旬

[試験会場]
●国内旅行業務取扱管理者
  北海道、宮城、埼玉、東京、愛知、大阪、岡山、福岡、沖縄
●総合旅行業務取扱管理者
  北海道、宮城、東京、愛知、兵庫、広島、福岡、沖縄

[試験内容]
旅行業務取扱管理者試験は日本国内だけが対象の「国内旅行業務取扱管理者試験」と、全世界が対象の「総合旅行業務取扱管理者試験」の2種類があります。

●国内旅行取扱管理者の試験内容
 ・旅行業法とこれに基ずく命令
 ・旅行業約款・宿泊約款
 ・国内旅行業務全般

●総合旅行業務取扱管理者
 ・旅行業法とこれに基ずく命令
 ・旅行業約款、運送約款及び宿泊款
 ・国内旅行業務全般
 ・海外旅行実務

※当年度もしくは前年度の「国内旅行業務取扱管理者研修」の修了者、または前年度の「国内旅行業務取扱管理者試験」の不合格者のうち国内旅行実務について合格点を得た者は、受験願書の申請に基づき、「国内旅行実務」科目が免除されます。

他にも、細かな免除規定が設けられていますので、公式サイトにてご確認ください。
 ・国内旅行取扱管理者試験の公式サイト⇒全国旅行業協会(URL http://www.anta.or.jp/)
 ・総合旅行業務取扱管理者試験の公式サイト⇒日本旅行業協会(URL https://www.jata-net.or.jp)

[合格基準]
国内旅行取扱管理者試験、総合旅行業務取扱管理者試験ともに、各受験科目において満点の60%以上の得点で合格となります。

[合格率]
30%前後

[合格発表日]
●国内旅行業務取扱管理者:10月下旬頃
●総合旅行業務取扱管理者:11月中旬頃

[問い合わせ先]
※国内旅行業務取扱管理者試験については 「全国旅行業協会(ANTA)」に、総合旅行業務取扱管理者試験については「日本旅行業協会(JATA)」に事前にお問い合わせください。

・社団法人 全国旅行業協会(ANTA)
   URL http://www.anta.or.jp/

・社団法人 日本旅行業協会(JATA)
   URL https://www.jata-net.or.jp

中高年からの資格取得を目指す方へ
【総合資格ナビ】からは、全国のさまざまな資格講座(通信・通学)の検索をしたり、無料の講座資料を一括で請求できます。

↑ PAGE TOP