中高年からの資格取得ナビ

ホーム > スキルアップに役立つ資格 > 管理栄養士

管理栄養士の資格とは?

「食」についての専門的な知識を持ち、給食管理や栄養指導を通して人々の健康維持のサポートをするのが「栄養士」ですが、そのワンランク上の資格が「管理栄養士」です。
「栄養士」も「管理栄養士」も国家資格となっていますが、「管理栄養士」は、より専門的な知識を必要とする栄養指導や集団の食事の管理指導などを行います。また一般的に栄養士よりも高い収入が見込まれます。

「栄養士」の資格を持っている中高年の方は、「管理栄養士」としてキャリアアップを目指してみましょう。
そのためには、まず各栄養士養成施設の修業年限によって設けられた一定期間の実務経験を経て、国家試験受験資格を取得します。栄養士養成施設と実務経験は、通算して5年の期間が必要とされています。

管理栄養士の活躍の場は?

管理栄養士と栄養士は、職場により仕事の境界線があいまいな事も多いですが、主に栄養士は厨房などで働くことが多く、管理栄養士は献立作成や栄養指導などのデスクワークが中心となります。
管理栄養士の活躍の場として、次のようなところがあげられます。

・病院、学校、保育園、社員食堂、介護施設など
・産業給食施設、健康保険組合
・保健所、保健センター
・病院や保健施設での栄養相談
・高齢者宅への在宅訪問による栄養指導
・企業の研究室での新商品開発
・スポーツ選手の栄養管理

スポンサーリンク

管理栄養士の試験について

[受験資格]
栄養士免許取得者であることを前提に、次の場合に受験資格が得られます。

●管理栄養士養成施設を卒業した場合
4年制の管理栄養士養成施設を卒業して栄養士免許を取得した場合は、即受験資格が得られます。

●栄養士養成施設を卒業した場合
2~4年制の栄養士養成施設を卒業して栄養士免許を取得した場合は、修業年数と実務経験の合計が5年以上になると受験資格が得られます。

●修業年限2年の栄養士養成施設の場合・・・実務経験3年以上
●修業年限3年の栄養士養成施設の場合・・・実務経験2年以上
●修業年限4年の栄養士養成施設の場合・・・実務経験1年以上

※なお、管理栄養士の受験資格に年齢制限はありません。

[願書申込み受付期間]
1月中旬頃の1週間程度

[試験実施日]
年1回(例年3月に行われます。)

[試験会場]
北海道、宮城県、東京都、愛知県、兵庫県、岡山県、福岡県、沖縄県 の各会場

[試験内容]
管理栄養士の国家試験はマークシート方式で、受験人数に関わらず60%以上の得点で合格になります。

試験科目は次の通りです。
・社会、環境と健康
・人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
・食べ物と健康
・基礎栄養学
・応用栄養学
・栄養教育論
・臨床栄養学
・公衆栄養学
・給食経営管理論

[合格率]
 55%前後

[ホームページ・問い合わせ先]
厚生労働省 管理栄養士試験案内
 URL http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/20.html

中高年からの資格取得を目指す方へ
【総合資格ナビ】からは、全国のさまざまな資格講座(通信・通学)の検索をしたり、無料の講座資料を一括で請求できます。

↑ PAGE TOP